資金繰りを改善するためには

企業がビジネスを行うために一番大切なのは、キャッシュフロー、つまり資金繰りです。


手元のキャッシュが1円でも足りなくなってしまえば、そこで企業は倒産してしまします。



一方で、資金繰りを改善するために経営者は事業計画を作り必死に交渉しています。

会社としての取引が大きくなり、複雑になればなるほどどこで資金が必要となり今の手元資金がどれだけあるのか一目で判断することが難しくなります。

教えて!gooを知るならこのサイトです。

一般的に経理担当者は資金繰り表を作り、売掛金と買掛金のサイトの違いからどれだけのキャッシュが必要になるのか把握しています。一方で、銀行の融資担当者も企業のキャッシュフローに注目しています。
黒字倒産という言葉を耳にする機会が増えたように、いくら損益計算書上で利益が出ていたとしても内情は収支が赤字となる会社は多くあります。それでは銀行の大切な資金が返済されないことになってしまうため、銀行員はキャッシュフローの作成を融資先に求めることすらあります。

それほど重要な資金繰りですが、会社としてはこれを改善することで企業体力や業績向上に繋がります。

現段階で資金繰り表を作成していない場合は、一度作成しておくことをお勧めします。
そして、どの月、どの時期になるとキャッシュが不足するのか、またその原因は何があるのか正確に把握しておかなければ経営判断に支障をきたします。

今後益々経営環境が厳しくなるなかで、企業のキャッシュマネジメント能力は大きな部分を占めることになります。

資金繰りは人気のテーマです。