ファクタリングについて知っておきたいこと

最近ではファクタリングを利用する企業が増えて来ています。

取引先に商品などを販売した場合は、一般的には掛けで取引を行うことになります。


つまり販売した企業には売掛金が発生し、商品を購入した企業には買掛金が発生します。

そして予め決められている支払い期日に商品代金が支払われることになります。

支払いサイトによっては現金が支払われるタイミングが60日後や90日後などのケースもありますので、債権者としては一定期間現金を手に出来ないことになります。


債権者側の企業のキャッシュフローが健全で債務者が必ず期日までに代金を支払ってくれるのであれば何も心配はありませんが、資金繰りの状況が良くなかったり債務者の支払い能力にも不安がある場合は、現金を手にするまで安心することが出来ません。

コトバンクの情報はかなり役に立ちます。

その様な場合にファクタリング会社を利用して債権を買取ってもらえば、取引先からの支払期日を待たずに現金を手にすることが出来ます。

このようにファクタリングとは債権を買取ってもらうことによって、現金を受け取れるサービスのことです。

ファクタリング会社には手数料を支払う必要がありますが、債権を早期に現金化することが出来ますのでキャッシュフローの改善にもなりますし、債務者の支払い不能などのリスクも無くなります。

手数料に関しては債務者の信用力によって料率が異なります。

ファクタリングサービスの最新情報が知りたい方にはこちらです。

信用力が高い企業でしたら9割以上の価格で買取ってもらえますが、信用力に不安のある企業の場合は7割程度の買取価格となる場合もあります。